本当に求めているもの

先日、岩手県のあるグループホーム記事を目にしました。

本当に求めているものは何なのか?

ということにまっすぐに向き合い、スタッフの皆さんは日々、

入居者様に寄り添います。

眠れず何度も部屋を出る方のお話を深夜までとことん聴き、

「そろそろ帰ろうかな」と出て行こうとする方は引き止めずに

丁度よい距離を置いて見守る。

「問題行動」とは介護する側からの目線であり、当事者(入居者)様にとっては、

何の問題でもなく、自然な欲求なのです。…と頭ではわかっていても、

人員や他利用者様の介助の事を考えると、

やっぱり介護する側目線で日々接してしまっているんだろうなあ…

 

櫻田

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two + eight =